きれいなビル
  • ホーム
  • 新婚やカップルにオススメな間取りとは?

新婚やカップルにオススメな間取りとは?

結婚したり同棲などをきっかけに新居を探すときに、一人暮らしとは違った視点で間取りを考える必要があります。一人暮らしのときと比較すると、単純に二人分の生活スペースや荷物などが必要になる点で大きく違ってきます。ストレスを感じることなく新婚や同棲カップルが日常生活を送るために、オススメの間取りや広さはどのように考えるべきなのでしょうか。

ここで賃貸物件の部屋探しをするときに、不動産屋の店頭や、賃貸物件サイトでよく目の当たりにする、DKやLDKの意義について確認しておきましょう。Lとはリビングルームのこと、カップルや家族がテレビをみたりソファで寛いだりする場所のことです。Dはダイニング。日本語で食堂のこと、つまり食事をとるスペースのことを意味しているのです。そしてKとはキッチン、つまり毎日の献立を調理する台所のことです。また冒頭についている数字は、リビング・ダイニング・キッチン以外の部屋数のことを意味します。たとえば、一人暮らしででてくる1DKというのは、ダイニングとキッチンが一体化したタイプに独立した部屋がひとつ附属するという間取りになります。
カップルがストレスなく生活するには、1DKや1LDKでは生活スペースが限定されるので、かなり狭く広さが足りないと感じることになります。

そこで新婚や同棲カップルにオススメなのは、2LDKです。新婚や同棲で共同生活をはじめてみて、一番問題になりやすいのが収納スペースの確保の問題になります。1LDK以下では十分な収納スペースを確保するのが難しく、部屋内にはモノが多くなり生活空間が限定されてしまいます。収納スペースを確保するためには単純に間取りに余裕を持たせるのが有効なので、家賃面からも2LDKが合理的な選択で、現に人気も第一位となっているほどです。
2LDKをオススメするポイントは収納スペースの側面ばかりではなく、お互いの趣味やプライベートな空間を手にできる点にあります。2LDKはリビングダイニングの広さが10帖以上になっているので、食事やテレビを見るなどのリラックスして二人で過ごす時間を確保しつつ、それぞれに居室を持つことで趣味などの時間を充実させることも実現します。

新婚や同棲カップルにあっては、場合によっては居室などを構えることに抵抗感をもつ方もいらっしゃるでしょう。しかし一人でプライベートの時間の充実をはかることは、ストレス解消の意味もあります。